logo1

今年和讃の会は、三宮に相談所を構える事が出来ました。新たな問い合わせは、去年とは、比べ物に成らない位に増えてきました。

一番は、やはり身元保証関連です。会計士、弁護士、介護施設、老人ホーム等色々な所から問い合わせ相談を受けました。それでも未だ私たちの考えが拡がらないのは、思いと、活動に開きが有ると言う事なのでしょう。

 

今年から始めた終活無料講座、来年はもっと活動を広げて行かなければと思います。

終活は何も死後だけでは有りません、生きているうちから関係して来ると思います。現在介護も手探りですが始めました。実績も何も無いですが近い将来、会員の方の為に成ると考えます。特に来年は、介護に力を入れて行きたいと思って居ます。

 

又、私達 人の終活に携わる者に取って、必ず大切な事柄に成って来ます。

身元保証、後見契約は、相変わらず問い合わせは多いです。

棲み分けと言う事では無いけれど、やはり私たちは身元保証に力を入れるべきだと考えます。後見契約、相続は、結局の所弁護士先生にお願いする事に成ります。

それならば万が一の時の保証、引き受けと言う所で、弁護士の先生や、施設の人と信頼関係を構築する事の方が、より安心を与えられるのかも知れません。

私を含め元葬儀屋が居ます。

緊急時、誰よりも冷静に動けるのは他の団体には無い強みかもしれません。

当然、年末年始も24時間体制で準備はして居ります。何もないのが一番です。しかし万が一の時に相談出来る様に、それが私たちの目標です。

なんとか今年も無事に終わりそうです。ご助力頂きました関係各位には心から御礼申し上げます。

来年からも、葬儀も介護も踏まえての終活屋、身元保証も後見契約も当たり前の終活屋、私たちは葬儀屋では無い、仏壇販売でも無い、身元保証の会社でも無い、終活屋です。

この言葉をスローガンに頑張って行きたいと思います。