終活には葬儀保険を活用しよう

お問い合わせはこちら

ブログ

終活には葬儀保険を活用しよう

2020/04/14

 

終活を考える上で一番大切な問題は費用がどれくらい係るかという問題です。これはずっと言っていますが個々で金額は変わって来ます。

万が一の時面倒を見てくる人が居るかどうか、お葬儀をどうするのか、お墓に入るのか、永代供養なのか、遺品整理はどれくらいの量が有るのか、一番に病気が無くって元気なら自分はいくつまで生きるのか。人はみんな自分の長生きを信じます。

60歳男性、後25年 今の年金でと考えた時、預貯金の額にも依りますが葬儀で迷惑を掛けたくない、自分の身辺整理で迷惑を掛けたくない。

まじめな人程 終活を考えるとそう感じてしまいます。そんな事を考えて今を窮屈にしてしまって居るのが現状ではないでしょうか。

 

和讃の会では、講演会でもよく言うのですが、バックキャストで考えると言う事を提案させて頂いています。今から将来を見て(フロントキャスト)あれこれ準備に不安になるよりバックキャスト、今自分が死んだと考えてその視点から現在を考えて見る。お葬儀はいくらかかったでしょう(現在の資産から考えれば規模の想像もしやすいかと思います)お墓は?今お墓が無いのなら納骨堂ですか、例えば須磨寺の萬霊堂 合祀になりますが2万円で納骨できます。遺品整理、独居の男性2DK一人暮らしなら15万円くらいが目途かと思います。

そう考えれば具体的に足らない金額がある程度見えてくるかと。

そこでお葬儀保険を活用します。

和讃の会が提携しているフローラル共済は84歳まで加入が可能です。75歳から84歳の間の加入は上限90万円になりますが、死後の身辺整理は大方賄えると思います。又、75歳までなら300万円まで加入は可能です。

それらを活用する事で、無理なく終活を考えられるのではないでしょうか。

 

今から将来を考えて窮屈に生きるより、未来から今を考えて足らない部分を保険で補う。そうする事で貴方の終活は具体的に進むかと思います。

 

http://www.floral-shoutan.co.jp/

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。