保険を使っての終活

お問い合わせはこちら

ブログ

保険を使っての終活

2019/01/23

和讃の会では、仙台に本社を置くフローラル共済の少額短期保険を販売させて頂いています。

NPOが保険の代理店?と思うかも知れませんがここで扱っているのは主にお葬儀保険に成ります。

しかも少額短期保険ですから、掛け捨てですが毎月の支払いはかなり安いと思います。

何故、NPOが保険の代理店?

この保険は代理受領が出来る保険なのです。

お葬儀保険と言っても何もお葬儀だけに限る事は有りません。宗教者費用、永代供養、遺品整理

等、使い道は自由です。

どう使うのか?独居で身寄りが無い、若しくは身内が遠方で迷惑を掛けたくない、そんな場合に

和讃の会と身元保証契約を結ぶとします。任意後見契約です。併せて身元保証もします。

万が一の時、身元保証人が身元引受もします。費用は約60万円です。

 

和讃の会では事前に見積もってお葬儀も請け負います。直葬で良いなら16.2万円です。

遺品整理もします、遺品はどうして欲しいか、大切な物は相続人に渡すのか、知り合いに譲るのか、

その辺はエンディングノートを活用します。

目安ですが独居の方で明け渡しまでに係る費用は15万円位だと思います。

 

納骨、永代供養ですがお墓が有る,無いで変わってきますが例えば須磨寺、一心寺当たりなら

納骨永代供養(但し合祀に成ります)に係る費用は2~5万円、後手数料として1・5万円+

交通費。

後もろもろの死後事務委任よる手続き費用役10万円とみて、総額107・7万円に成ります。

 

この費用を保険で賄えたなら(公正証書作成費用、入居保証預かり金には使えません)例えば

70歳女性で月々2640円の負担で安心を買えると考えます(掛け捨て、解約返戻金は有りません)

 

これはひとつの提案で、まったく独居と言う事で有るなら財産の事を含めてもっと詰めなければ

成りません。

終活はそれぞれです、これが正解は有りません。唯、老後を不安に思い 生きている

今を切り詰めて考えるのなら、毎月の僅かな出費で得られる安心は大きいと考えます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。