神戸で終活 墓終いについて

お問い合わせはこちら

ブログ

神戸で終活 墓終いについて

2020/05/05

管理の要らないお墓のマンション永代供養墓

本当の永代供養墓

永代供養のお墓

最近石材屋さんからお声がけを頂きます。弊会監事(浄土真宗本願寺派僧侶)に墓終いのお勤めをしてもらいたい。自分の宗派が解らない、お寺は解っているがお付き合いが無い、頼みにくい。いろいろな理由で石材屋さんにお寺様の手配も頼みます。そんな訳でよくお声がけを頂きます。依頼の8割は墓終いで、2割が納骨です。お墓を終われる方が本当に増えています。神戸でも彼岸、お盆には鵯越墓園の入り口が大渋滞をして、葬儀で斎場に上がるのに、ルートを変えなければならない事も有りましたが、ここ5年程渋滞はしなく成りました。

理由はいくつか有ると思います、先ず墓参りをしなく成った、参りたくても高齢に成り、墓参り自体が大変になった。息子さんは神戸から離れて、帰って来ても墓参りに行かなくなった、娘さんは嫁いで居る。いろいろな理由でお墓には参らなくなった、だから墓終いを、と言う方は増えています。お墓を終う、墓石を撤去するだけでは有りません。先ずそこに眠って居るのは誰かを調べる必要が有ります。管理事務所に行って埋葬されている方を調べます。移転、墓終いをするには改葬許可書(改葬証明書)が必要に成ります。お骨を新しいお墓に入れる、永代供養に収めるのに必要に成ります。

次に墓終い(墓石の撤去)神戸で1坪タイプで大体20~30万円掛かります。石の量で値段は変わりますが20万円が相場です。霊標が大きかったり灯篭が有ったりしたら値段は変わります。お骨は業者さんにとってもらいます。経年したものなら、水に成っていたり砂の様になっていたりします。その場合どうするかはお寺様に聞いてみたら良いと思います。墓終い、魂抜きのお布施の相場は3万円前後掛かります。

改葬先、例えば神戸市保井戸理越の合葬墓なら一柱(1体)10万円、一般のお寺の合葬墓で20万円前後、掛かると思います。改葬証明書に出てきた分が掛かります。たとえ骨壺が3体分しかなくても、改葬証明書に6名記載されていたら6名分掛かります。

納骨費用、大阪の一心寺が2万円位だったと思いますが年内で終わって来年からは受け入れが出来ないはずです、ご確認下さい。神戸の須磨寺、真言宗のお寺様ですが、宗派を問わず青葉殿(萬霊堂)に納骨が出来ます。合祀に成りますが2万円とお布施2千円位が必要です(納骨時、お勤めを頂きます)念のため青葉殿では個別納骨も有ります。写真に有る永代供養墓、小さなお墓のマンションです。60万円位から有ったと思います。これは各石材屋さんがやって居ます。

お墓を維持するのにも費用は掛かります、墓終いにも費用は掛かります。ここに書いたのはあくまで目安にして下さい、多少の差は有るかと思います。唯、理由はそれぞれでも先祖様も含めて自分は死んだ後どうするか、これも終活の大事な要素です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。